まずは軽自動車の車検とはどんなものかやその必要性を解説します

軽自動車であっても普通自動車であっても、自動車を利用している人であれば、一定期間ごとに必ず受けなければならないのが車検です。新車で購入した際は、初回はその3年後、その後は2年ごとに受ける必要があります。中古車の場合は、残っている有効期間により異なります。よってその期間がとても短い場合には、購入後、即、これを受けなければならないと言うことも考えられます。また検査を受けてない自動車、受けたけれど基準を満たしていないと判断された自動車を公道で走行させた場合には、法律に基づいて処罰の対象になるので注意が必要です。この検査には、ひとつは自動車の安全性を点検、確認すると言う目的があります。検査を一定期間ごとに行うことで、それらが確保されやすくなると言うことです。また保険の更新、税金の納付も、この検査にある目的のひとつです。

軽自動車の車検はどんなもの~基本的には普通自動車と変わらない

軽自動車の検査がどのようなものかについてですが、基本的な内容は普通自動車のそれと大差はありません。同じ自動車である以上、安全性を確認する上でチェックされるべきポイントに変わりはなく、軽だからと言ってそれが省略されると言うことはないと言うことです。ただしユーザー車検と言って、自動車の所有者自らがこの検査を行うと言う場合には、普通自動車と異なる点もいくつかあります。まずは受ける場所で、普通車の場合は陸運局で受けることができますが、軽の場合は検査協会に出向く必要があります。また検査に際しては、軽の場合はまず排ガス検査が最初に行われると言うのも、普通車との違いです。更に下回り検査は、普通車の場合は、重量があることから検査官が車体の下に潜り込むのが一般的です。しかし軽の場合は重量が軽いので、リフトアップされるのが基本だと言うのも違いとして挙げられます。

軽自動車の車検の必要性~安全確認や納税の意味もある

この検査を受ける必要性についても、軽と普通車では変わりがありません。まずは安全確認のためと言う必要性です。自動車は便利な移動手段である半面、時にアクシデントやトラブルを引き起こす可能性もある道具です。そうしたアクシデントなどが発生するリスクを少しでも低くするためには、ドライバーがそのための意識を持つこと共に、自動車そのものの安全性が維持されていることが必要です。そのためには、一定期間ごとに、ほぼ強制的に検査を受けることが効果的だと言うことです。それからもうひとつは、保険の更新、納税に対しての必要性も挙げられます。自賠責保険の更新は、自動車アクシデントに対する必要最低限の補償が実行されるためには欠かせないことです。また自動車重量税の納付は、その税金が道路整備などに利用されることもあることから、やはりドライバーにとっては必要なことだと言えます。

ホリデーの立会い車検システムは21年目を迎える、永く信頼頂いているサービスです。 ホリデー車検独自の立会い車検はお客様と一緒にお車を見て頂きその場で説明いたします。 立会い車検により不必要な部品交換はしません。他店の見積もりと比べると立会い車検の安心感がわかります。 お客様が整備士の説明にご納得、整備・交換の内容を了承された後に整備作業を始めます。 アクセスが良いエリアの店舗が多く便利です。 軽自動車の立会い車検で安心しよう